ロゴの由来
ホーム
研究室
研究室紹介
ロゴの由来
メンバー
アクセス
研究内容
テーマ
設備
シンポジウム
研究業績
原著論文
解説論文
国際学会
国内学会
招待講演
著書
特許
講義
受賞
メディア発表
研究室
参加希望の方へ

リンク

内部HP

中央のメガネのようなデザインは、Metamaterialの2つの"m"の字を表すと同時に、メタマテリアルを構成するナノ共振器の形を模しています。2つの色のうち、青色は河田ナノフォトニクス研究室に敬意を表して同じ色を頂戴しました(さらに元を辿れば、この青は理化学研究所のロゴの青です)。これに新しい色として、赤色を加えました。赤と青の2つの色は、電磁気学で重要な、電気のプラスとマイナスや、磁気のN極とS極も表現しています。ロゴを囲む外枠は、金色と銀色の2色を用意しました。金と銀は、メタマテリアルもしくはプラズモニクス分野における重要な金属材料です。